イボをちぎると、つぶすデコルテのブツブツイボをケア

首元から鎖骨、そして胸元を表すデコルテは、胸元の開いた洋服を着用する場合に目立ちます。
美しいデコルテはその人の魅力を引き出しますが、ぶつぶつなどの肌荒れがあると、逆に気になってしまうものです。

イボはちぎると血が出ます

デコルテや首にでるイボ。

気になるのでちぎったり潰したりしたことある方、いますよね。

 

一度ちぎればわかりますが、高い確率でイボが増殖しますよね。

イボは滅菌した医療用のハサミやナイフでカットするなど適切な医療措置を取らないでちぎったり潰したりするのは厳禁です。

イボができる原因

このぶつぶつにはいくつかの原因がありますが、1つはいわゆるニキビで、それが赤く炎症を起こし目を引くのが問題です。

元々ニキビ菌は常在菌で、誰もが原因を身体に持っていますから、切っ掛けさえあれば発症へと至ります。

また、通常は絶妙なバランスで肌の状態が保たれているので、加齢や季節の変化などの影響を受けると、これを切っ掛けとして肌荒れが生じたりします。

その症状の1つがデコルテの荒れで、肌の乾燥や摩耗による傷も関係してくるわけです。

 

細菌も原因にはなりますが、ぶつぶつに赤みが混じっている場合は、細菌性の症状が疑われます。

対処の基本は原因の特定です。

デコルテのぶつぶつ発生時に何か心当たりはないか、それを考えるのが対策の第一歩です。

 

更に、既に塗り薬を使用しているのであれば、薬が逆に症状を悪化させていないかという視点を持つことも大切です。

デコルテを綺麗な状態に導くばかりか、ぶつぶつの原因となる菌に栄養を与えてしまっている可能性もあります。

お風呂場で肌を洗う時はゴシゴシと擦らず、泡立てた洗浄剤で汚れを包み込むように優しくするのが無難です。

とにかく、イボは潰したらダメ

さきほども触れましたが、

首やデコルテのイボ、ぶつぶつを潰すのは、却ってデコルテを傷める要因になりかねないので、こういう強引なやり方は御法度です。

自分でデコルテのぶつぶつを解消したいならば、市販の塗り薬の内で、抗真菌成分を含む商品を選ぶことをおすすめします。

肌ケアの基本を守りつつ、清潔な状態で塗り薬を適切に使用すると、少しずつ改善されてぶつぶつが目立ちにくくなります。

それでもデコルテが綺麗にならない場合は、皮膚科に相談して原因を調べてもらったり、最適な薬の処方を受けるのがベストです。

闇雲にあれこれとケアを行うと、肌の負担が増えてしまいますから、対処法が分からない時は専門家に相談しましょう。

ポツポツの原因はターンオーバー

デコルテに現れるニキビの原因

デコルテにできるニキビの原因として挙げられる大きな原因がホルモンバランスの乱れで、このホルモンバランスは様々な要因で乱れる事があります。

例えば食生活の乱れはホルモンバランスに大きく関わるところで、特に野菜や果物といった物をほとんど摂らない人や、反対に日頃から油っこい食事や甘いお菓子ばかり食べている人であれば特にデコルテにニキビができやすくなると言って良いです。

食生活の乱れの他に挙げられるのが睡眠時間の不足で、日頃から睡眠時間が少ない人はそれだけデコルテのニキビができやすくなるので注意が必要です。

食生活の乱れや睡眠時間の乱れといった生活習慣の乱れ以外にもホルモンバランスの乱れに繋がる原因として、日頃からストレスを溜め続けるという事も要因に挙げられます。

例えば仕事上の事で何かとストレスを溜めていたり、仕事以外でも様々な問題でストレスを抱え込んでいてそれを発散できない環境にいるとストレスはどんどん溜まるのでホルモンバランスの乱れに繋がり、デコルテにニキビが発症しやすくなる体となります。

ホルモンバランスの乱れ以外にも原因は様々で、例えば体の洗い方が不十分であったり、逆に体を洗いすぎてしまうとニキビが発生しやすい体となります。

肌に合わない衣類や食事も

肌の悩みまた、肌に合わない服や下着を着用していたり、部屋が汚くホコリや菌が体に付着しやすい環境で過ごしている人であればデコルテを始め様々な部位にブツブツやニキビができる可能性が高いです。

そしてデコルテを隠そうとして髪を伸ばすのは逆効果で、髪にデコルテが触れる事で刺激となる上、髪についている整髪料の汚れがニキビに悪影響を及ぼしてしまう可能性がある為、更に悪化させる原因になりかねません。

食生活睡眠時間の乱れ、ストレスを溜め込むといった事で発生するホルモンバランスの乱れを始め、様々な原因でデコルテにニキビはできるので、発生した場合にはこれらの原因を一つ一つ取り除いていく必要があります。

ハトムギの利用方法:スーベEX外用(塗り薬)として使う ハトムギ/塗り薬/イボ取り

ハトムギ(ヨクイニン)の効果と副作用まとめ